国内、北米問わずビックじゃなくても面白いPS4ゲームのプレイメモブログです。
すごくリトルでビッグな設計図 TOP > リトルビッグプラネット3

「リトルビッグプラネット3」その26~メイキング「Seaside Surprise」メリーゴーランドギミック。

喜ぶとうさぎがピョコンと顔出す珍しい仕掛け付きリビッツ。
うさぎ...だよね?正面から見ないとこわいな。
2016-10-19_111000.jpg


「リトルビッグプラネット3」その26~Seaside Surpriseギミックメイキング。




Tips:ギミック

ギミックとは仕掛けのことです。
LBPなら罠や遊具。


ギミックの意味は社会では広くいろんな使い方をされるのですが
LBPでは1つの罠や遊具を指すかと思います。
簡単なものはシンプルに紐でぶら下がるスポンジとか。
画面にHPゲージが表示される仕組みは違うかと思います。



今回はそのギミックを作ってみます。
プレイ動画
動画は作っている作業映像の一部になります。
なんとなく作業の流れの参考になれたらと思います。



本編のギミック
本編で作られているギミックは特別なプログラムが
組まれているものではなく、普通のポピット内の道具で
その全てが作られています。
ゾムゾムのお部屋のお買い物システム。
2016-10-18_091225.jpg


ついでに言うと
LBPは特別なオブジェやデコレーションなどのアイテムがありますが
ギミックに限らずムービーやプレイステージにある全てが
普通のポピット内のもので作られています。

イベントシーンは一枚のボードで管理。
特別に撮ったもの(ムービー)を再生しているわけではありません。
2016-10-18_092529.jpg

ニュートンが取り憑かれておかしくなるシーン。
2016-10-18_092236.jpg
2016-10-18_092321.jpg



メリーゴランドギミック作り簡単な説明
題材とするDLC「Seaside Surprise」は
残念ながら国内版のオンラインが終了してから配信された
ステージキットです。ストーリーのようなものはなく
特別なアイテムもなくシンプルなステージですが
やはりコスチュームよりもこっちのほうが嬉しいですね。


こちらはこのパックで配信されているアイテムです。



このステージの中で面白いと思ったのが今回紹介する
メリーゴーランドのようなギミックです。
2016-10-19_123548.jpg

プレイ動画は4つのぶらぶらするオブジェの最後の1つを
付けるメイキング動画です。
ギミックがどうやって作られたかは知らないので
本物とは仕組みが違うかもしれません。


2つの物の同期
Tips:デコレーションは実体のない影

使う2つのオブジェ。
回転するディスク(Rotating Disc)に付けたデコレーションの風車と
ぶらぶらするオブジェをくっ付ける作業ですが、

2016-10-18_110823a.jpg


デコレーションに紐は付きません。
*回転するディスク(Rotating Disc)はデコレーションしか
回転させません。

デコレーションは実体のない影です。
空中に投影されているものと考えて下さい。



風車と紐付のぶらぶらオブジェは繋がってはおらず、
それぞれが独立して動いています。
このような「くっつかない物」を近寄らせるには
フォロワーで追わせるというかたちになります。


「羽の一点を紐付のオブジェが追っている」という
かなりピンポイントなところがクリエイターにとっては
面白い、というかチャレンジしがいのある、
あるいは面倒くさいところではないかと思います。




どうやってピンポイントに追わせるか。
位置を図るオブジェを作る
こういうものを作ります。

直径が風車と同じくらいの円盤です。
風車とこの円盤の回転は同じに調節して下さい。
赤いステッカーパネルは常に直立状態にします。
そしてタグを付けます。
このタグの位置は風車と紐がくっ付いて見える位置です。
赤い針を付けて紐の位置をわかりやすくしてみました。
2016-10-18_110929a.jpg
2016-10-18_111214.jpg



回転させてみます。
赤い針の先とタグの位置を見てて下さい。
2016-10-18_111236.jpg
2016-10-18_111253.jpg
2016-10-18_111322.jpg

紐のくっ付く位置とタグは横の位置が同じになります
風車と円盤のスピードが合っていれば同じ位置を取れます。
大変なのはこの同期させる調節です。
より正確に同期するようにスピードを調節しなくてはいけません。


ぶらぶらするオブジェを合わせる
ぶらぶらするオブジェのぶらぶらしない部分にフォロワーを
付ければ横の追っかけは完成です。


ぶらぶらしない部分とは
上の方になる金属の部分です。
ただしこの場所が上過ぎるのでステッカーパネルで下に継ぎ足しています。
フォロワーの位置はタグを追える範囲にないといけないので
ステッカーパネルの真中辺りですね。

2016-10-18_111629.jpg


動画ではこれを4つ作っていますので
最終的に4つのタグにはそれぞれ重ならないようにラベルを付けます。
例えば
ぶらぶら1号
ぶらぶら2号
ぶらぶら3号
ぶらぶら4号
面倒くさいので動画では「R1~4」にしていますが....


奥行きの同期
「タグ付きのステッカーパネル」に
「ぶらぶらするオブジェ」の動かない部分が反応して
奥行き移動させます。
*動かない部分は上過ぎるので実際は継ぎ足した
ステッカーパネルの方で反応させます。


最低限レイヤー移動の分の「タグ付きのステッカーパネル」が
必要です。正面奥にも1つづつ必要になるのがほとんどです。
ここでも微調整が必要となります。
2016-10-18_111815.jpg
2016-10-18_112052.jpg

セレクターで反応する度にスピードが変わります。
2016-10-18_112206.jpg





安定させる
一番知りたいのがどんなギミックでも安定のさせ方です。
「Seaside Surprise」では動画でもご覧のように
結構「ぶらぶらオブジェ」を引っ張っても位置がずれません。

リビッツは空中でも物を動かす力があるので
安定していないとずれてしまいます。

2016-10-19_100602.jpg

引っ張ってもズレない仕組みが必要です。
2016-10-18_112450.jpg


安定の仕組み①:狭いポイントに重さを増す。
「ぶらぶらしない部分」の上の金属部分です。
たぶん最初からあの伸びた棒は何?だったと思います。
避雷針ではありません。
あれは安定棒です。短くすると重さも軽くなります。
さらに下向きのムーバーが横方向の安定を図っています。

重さはその物にカーソルを重ねて[R2]でわかります。
2016-10-18_112736.jpg
2016-10-19_110851.jpg


安定の仕組み②::ぶらぶらするオブジェ自体にフォロワーをつける
フォローするのは横移動です。
軽めに設定すればリビッツの大暴れを防いでくれます。
あまりに乱暴なリビッツは落としてしまうのもありですね。
2016-10-18_112646.jpg


その他の安定
奥行き方向への安定性が課題。
複雑になるので今回は付けていません。

おそらく何も仕組みをつけない「ぶらぶらオブジェ」では
大暴れしていれば奥行きのズレからいつかはおかしな動きに
なると思います。

ですが「Seaside Surprise」で動物のボードが貼ってあるように
リビッツの奥行きに対して動きを制限をするのも
手だと思います。ボードの表示が嫌なら掴んでいる時だけ
透明なボードを実体化させるというのもいいと思います。


ところで
今回のような動きはレールを使っても似たものが作れます。
レール自体は傾きも含め移動もできますので
エミッターも使えば面白いものができそうです。
ただし今回のメリーゴーランドような場合はレールにループ仕様が
ないために手間がかかります。


「リトルビッグプラネット3」その25~Free Cosutumesの使い方。

「Women in History Costume Pack」配信。
歴史を動かした女コスチュームのパックです。
左からJoan of Arc(ジャンヌ・ダルク:15世紀にイングランドとの
百年戦争で活躍したフランス王国の軍人)、Wu Zetian(武則天:ぶそくてん
7世紀唐代時からの中国史上唯一の女帝。中国三大悪女のNO1)、
Cleopatra(クレオパトラ7世:紀元前1世紀古代エジプト、プトレマイオス朝最後のファラオ(君主)、共同統治者の1人。知略と美貌の持ち主)、
Queen Elizabeth I(エリザベス1世:16世紀後半イングランドとアイルランドを
統治した君主。独身を貫き処女王とも呼ばれる。
本人はその名に満足)。
Women in History Costume Pack



「リトルビッグプラネット3」その25~Free Cosutumes(フリー・コスチューム)の使い方。




Free Cosutumes(フリー・コスチューム)とは
コスチュームを作ったクリエイターさんが自由に
使っていいよと配信しているカスタムコスチュームのことです。

今回はコスチュームをリビッツに使う方法を紹介します。


LBP3ではFree Cosutumes(フリー・コスチューム)を
DLCアイテムが使われている場合でもDLCの購入なしで
リビッツに利用できます。




DLCは購入しないと使えないんじゃないの?
そうですね。
それは変わりありません。

物は言いようで
「カスタマイズされたコスチューム」を元にするのなら
できるんですね。すごくグレイっぽさがあるのです....
つまり
そのまんまDLCキャラも配信されているということです。

またステージで配信のつもりではなくても
今回紹介する方法ではコスチュームを獲得できます。
2016-10-15_110704.jpg


しかし購入したほうが自由度は高いので
気に入ったら購入してもいいんじゃないかなと思います。
あのパーツ1つだけといった時はこの方法で間に合ってしまいます。




始める前にコミュニティでの注意です。

コミュニティステージにはGlitch(グリッジ)というバグを使った
ものも見かけることがあります。コスチュームの配信ステージには
必ずというほど出会うので、危険な物とそうではない物について
少し説明します。
Tips:危険なGlitch(グリッジ)とは
危険なグリッジは下記の2つのことかと思います。
バグというプログラムの穴を利用したもので
これらはゲームのセーブデータに支障が起きるものです。


バグを起こした時に保存したアイテム。

例えばこんなの。抽象的リビッツ。
このリビッツはボディの素材しか変更できません。
2016-10-14_094358.jpg

パーツの一部を変更すると....目が!
2016-10-14_094651.jpg

βテストで使われた配信されていないアイテム。
テスター用のものを非公式で
本編で使えるようにしたアイテムのことです。
もし使われているパーツを持ってないけど使うことが出来たのなら
それはグリッジアイテムです。

これらも見た目だけ変えることができるグリッジアイテムです。
「Rare Costumes(レア・コスチューム)」とも言われています。
2016-10-14_121301.jpg


そうではないものは
配信方法や獲得方法がグリッジというものです。
バグではなく裏ワザに近いものです。ステージ名にGlitch(グリッジ)と
あるものも
「獲得する方法がグリッジです」という事を意味しています。
アイテムパーツ1つ1つの「!」マーク
アイテムバブルを取りまくっていたら
アイテムに「!」が?

コミュニティオブジェクトではなくアイテムパーツの1つ1つに
表示される赤い「!」マークについてですが、
これらはグリッジアイテムとは関係ありません。
獲得方法がグリッジです。
2016-10-14_172249.jpg
2016-10-14_172519.jpg


それらは公式のアイテムで
対象のDLCを購入しないと使えないという物です。
もしDLCを購入しているのなら
そのアイテムを取ったことになっています。

ただし
全部のアイテムを配信されているわけではなく
「エースでクリア」など条件を満たさないと獲得できないものは
実際にステージで取得する必要があります。
またアイテムではありませんが目標も実際にプレイしての
達成になります。

協力でしか取れないものが獲得できるので利用するのも良いと思います。

協力モード必須で取るのが難しい「The Journey Home」では助かります。
3ステージ完全にマルチなのですが、そのステージのアイテムも
全て取得済みになっています。ですが目標の手紙は協力でないと
取れないと思います。アイテムだけならソロでもこの方法で100%獲得できます。
2016-10-15_063605.jpg
2016-10-15_082846.jpg

「Marvel」シリーズはこの方法で取っても
DLCは販売はしていませんのでDLCを手に入れることはできません。
2016-10-15_063706.jpg


このようなものは
普通に誰でも本編やDLCで獲得できるアイテムをアイテムバブルに
入れて配信はできますのでグリッジアイテムではありません。


注意として
購入していないDLCアイテムを使う時には表れる
「!」マークは起動の度に消えてしまうので目障りかもしれません。
また自力で取りたい方は達成感がなくなると
思いますので注意して下さい。

未購入のサウンドエフェクトの注意
心が折れる前に注意。例外があります。
2016-11-03_125435a.jpg


DLCに含まれるサウンドエフェクトはクリエイト時に
「!」マークが表示されず使えてしまいます。
ですが”保存してはいけません”


そのクリエイトステージを続けようとロードする時に
足りないDLCを指摘されてしまいます。
ロードできずにプレイモードに強制されます。
クリエイトの続きは足りないDLCを購入してからと
なってしまいますので注意しましょう。

有料DLCなしのサウンドエフェクト
これが有料DLCを抜いたサウンドエフェクトです。
サウンドエフェクトはテーマごとに表示できないので
どれが有料なのかどうかわかりづらいです。
2016-11-03_124502.jpg
2016-11-03_124435.jpg



グリッジアイテムにはコミュニティでは普通に出会うと思います。
不具合を起こすグリッジアイテムを扱う時は気を付けてとは言うものの
見分けしづらいこともありますから普段からセーブには
気を付けるべきです。

LBPはもともと
人為的にもソフト的にもデータを失う機会が多いので
オンラインストレージやUSBメモリなどにデータの控えを
作る癖は付けておいたほうがいいです。






Free Cosutume(フリー・コスチューム)の使い方

変身マシン「キャラクターチェンジャー」の登場

LBP3では
「キャラクターチェンジャー」の登場で
リビッツを変身させることができ自分のカスタムコスチュームに
加えることが簡単になりました。


左がキャラクターチェンジャー。
2016-10-13_120341.jpg

LBP、LBP2の時はコスチュームを試着したロビッツを
渡すのが主流で、そこで持っていないDLCが使われていると
もらってもクリエイトに登場させることすら出来ませんでした。






まず配布しているステージを探します。

配布ステージを探す
[Community(コミュニティ)]→[Search(探す)]で検索します。
2016-10-12_120651.jpg

検索ワードは
Free DLC Costumes」。
またはDLC名を入れるのもいいかもしれません。


「DLC」と検索に入れた場合
「NO DLC」、あるいは「Non DLC」とも出てきますが
これらは「DLCじゃない」
という意味です。
ですが「じゃなくても使ってるじゃない」というのもありますので
それもカスタマイズに使えてしまうことになります。
2016-10-13_103118.jpg


コスチュームをコピーする
キャラクターチェンジャーやプレイアブルロビッツで
操作できる場合とロビッツをもらう場合かでコピー方法が違います。


パターンA
キャラクターチェンジャーが用意されている場合
*プレイアブルロビッツの場合はできません。

カスタムコスチュームを着たリビッツになれるのなら
この方法になります。
手順①:目当てのキャラクターに変身。
手順②:コスチュームのセーブ。
至って簡単です。

変身して
2016-10-13_095924.jpg
2016-10-13_100136.jpg

ポペットを開いて[Customize Character(カスタマイズ)]→
[Save Cosutume(コスチュームをセーブする)]を選びます。
カスタムコスチュームとしてセーブされます。

後はリビッツに着せてパーツのカスタマイズができます。
カスタマイズコスチュームの原型リビッツの1つとして
他のパーツをカスタマイズできます。
2016-10-13_100207.jpg
2016-10-13_100223.jpg

使えそうなボディや小物といったものは魅力的です。
2016-10-13_100419.jpg
2016-10-13_100340.jpg
2016-10-13_100549.jpg


パターンB
ロビッツをもらった場合
古いステージの場合はこのタイプです。
手順①:クリエイトモードで獲得したロビッツを登場させます。
ここで登場できなければコピーは無理となります。
使われているDLCを購入してコピーし直すしかありません。


例)登場できない場合
お手上げです。
2016-10-14_114512.jpg
2016-10-14_114456.jpg


例)登場できた場合
コピーが可能です
手順②:ポペットメニューを開いて
[Global Staff(グローバルもの)]を選びます。
2016-10-14_124659.jpg

続いて
[Capture Character(キャラクターコピー)]を選んでキャプチャーします。
2016-10-14_124713a.jpg
2016-10-14_124729.jpg
2016-10-14_124745a.jpg


[Transform(変身)]を選べばリビッツがこのコスチューム
なりますので、後はキャラクターチェンジャーの時と同じように
ポペットのカスタマイズから
[Save Cosutume(コスチュームをセーブ)]を選べばいいだけです。

2016-10-14_124803.jpg


ですが、
できないとき時もある
へ~んしん。
2016-10-15_034618.jpg
2016-10-15_034535.jpg

あれ??
2016-10-15_034556.jpg



そういうロビッツもあります。確かな理由はわかりませんが
このロビッツには大量のステッカーが貼られていました。
そういう時はハックしてしまいましょう。
ハックキングする
プレイアブルロビッツを用意して、コントロールギア(レシーバー)と
タグをそのまま移植します。

サーキットボードには回路が載っていました。
リビッツが近づくと爆発物を出すロビッツでした。
リモコン操作できるようにしてしまうのです。
2016-10-15_035926.jpg
2016-10-15_040035.jpg

リモコン操作状態にして
もう一度[Capture Character(キャラクターコピー)]を選んで
キャプチャーします。

前にキャプチャーしたキャラクターは
[More(詳しく)]→[Derate(削除)]で消せます。

あるいは[More(詳しく)]には
[Recapture(キャプチャーしなおす*捕まえなおす)]がありますので
そこからキャプチャーしてもいいです。
*国内版での表記です。
2016-10-15_040157.jpg

コピー完了
ただし元は他のクリエイターさんが作ったものなので
オリジナル性が高いものは再配信は避けましょう。
2016-10-15_040436.jpg


解説イメージはこれから北米版を元にしていきますので
ご了承下さい。




「リトルビッグプラネット3」その24~3Dバウンドボールの作り方1。

LBPのコミュニティレベルで作られたミュージックを
探すのならここもチェックするといいですよ。
リンク:LBP-HUB.com/Music
「Seaside Surprise Level Kit」に引き続き
Hubのリサイクルコスチュームも無料配信。
intern.jpg
fancylatte.jpg
redcatcostume.jpg



「リトルビッグプラネット3」その24~3Dバウンドボールの作り方1





3Dバウンドボールの作り方1
3Dバウンドボールのクリエイトは
わざと余白に書かれたルールのようなものを知ることができる
題材としてはいいと思います。



3Dバウンドボールとは
3Dバウンドボールとは左右、上下の方向移動にレイヤー移動である
奥行き移動を加えたものです。
ボールは360度バウンドして動きます。


プレイ動画#1



プレイ動画#2
リビッツ以外のキャラはまだアニメーションの調整をしてないのですが
「リビッツ、ロビッツアニメーションの作り方」で作っている
プレイアブルロビッツで水中、空中を含めて対応できるように
なると思います。リビッツは物に当たりづらいので
動画では当たりやすいように透明ラケットで当たりを補っています。





ボールはどこにでもいってしまい
そのボールを使い続けるのなら取りに行かないといけないので、

いつものリビッツよりも自由な奥行き移動ができる
プレイアブルロビッツと合わせて使うのが望ましいです。


最奥の16レイヤーの位置までピョンピョンするのは
しんどいですからね。
2016-10-05_110405.jpg






3Dバウンドボール制作の前に
別レイヤーにあるオブジェとリビッツやロビッツとの関係は
いつもとは随分違います。まず気を付けないといけない
特徴をチェックします。


レイヤー移動の特徴
特徴①:1レイヤーに強制される
LBPは基本1レイヤーのサイドスクロールのゲームです。


隣り合った(奥や手前)のレイヤーじゃなくても
高台があれば、即座に移ってしまったり、
別のレイヤー上に掴める物があるならレイヤーが違っていても
即座に移って掴めてしまいます。
またプレイアブルロビッツで物を押しても
ピタッと止まるというか...
1つのレイヤーに強制されます。
これは

奥行き方向には左右上下にある自然な動き(物理演算)が
なされていないということです。




自然な動き(物理演算)とは?
例えば後ろからドンッ背中を一瞬押された時に
2、3歩、あるいは5歩ぐらい進んで好きな彼女や彼氏に
ぶつかってしまった状態です。

一般的にこれはわざとではありません。
他のおそらく誰かが押して動いてしまった状態です。

もし自然な動きがないと力の関係がなくなり
ぶつかりそうになった彼女彼氏は
直前でピタッと止まるでしょう。


他の力が働いて動く。
リビッツがボールを押した力があってボールが転がります。
奥行きにはそれがない。
2016-10-05_111747.jpg
2016-10-05_111730.jpg


LBPの奥行き方向には自然な動きがないので
ボール自身にそのような動きをしてもらうことになります。
つまり、3Dバウンドボールは本当のところは
「擬似3Dバウンドボール」と言うことで。
正確な動きをするのではなく、そのような動きになります。


特徴②:奥行き方向にある物は掴めない
今いるレイヤーの隣(奥、手前)のレイヤーにある物を
掴むことはできません。


もし作るのならステッカーパネルをオブジェに付けて反応させるかたちに
なるのですが....
とりあえず作ってみます。

奥行きに移動(押し出す)は
ムーバーの「イン・アウト位置チェンジャー」や
「アドバンスイン・アウト位置チェンジャー」がオブジェかリビッツに
使われていればできます。

*いつものリビッツの場合でも発信マイクロチップを使えば
押しのけられます。

こんな感じに。
2016-10-05_151355.jpg


ただし
この場合、掴む[R1]を使うのは避けたほうがいいです。

以前
「アニメーション中にも動かすことができる部分があり、
それが腕、頭(表情)、本体自体の位置移動」

と書きましたがそれと同じ仕組みです。

奥行き方向にアニメーションを変更しているのですが
掴む[R1]を押すと

腕部分はいつもの横からの掴みアニメーションになります。

これは合成ではなくプレイヤーが
[R2]あるいは[L2]とスティックを使って腕を振る
のと同じ事です。


ねじれた腕。腕だけいつもの横からの掴むになっています。
2016-10-05_151255.jpg


幸いリビッツ、ロビッツ達は腕が短く目立たないので
短い時間ならごまかせるかもしれません。
引いたり押したり横に移動すると
オブジェとのスピードの違いで位置がおかしくなります。
2016-10-05_102754.jpg
2016-10-05_102935.jpg
2016-10-05_102956.jpg

短い時間で使うか、オブジェ側にも奥行き方向のムーバー
を仕組んで触ったら弾くようなかたちならいいかもしれません。





最後に今回は制作はしませんが
3Dバウンドボールのつくり(構造)をおおまかに紹介します。
オブジェ(ボール)の構造
重なるパーツが多いです。
オブジェ(ボール)は2つの部分からできています。

・本体
カテゴリーのオブジェクトから選べるボールそのものです。
ボールによって必要なレイヤー数、重さ
バウンド音が違います。
・芯
奥行き方向にある物や壁に反応する2つの起動板
中心部にはネジ止めした絶対傾かない横の動きに
対するセンサー部分からできています。
2016-09-28_094101.jpg


これが本体と芯を重ねた完成品です。
芯側の支柱(赤のステッカーパネル)は必ずしも必要では
ありませんが直接本体に付けると重なるパーツなので
手直しがしづらくなります。
ちょっとしたコツですが支柱なのでパーツをいったんまとめて
しまうことで、取り付けたり剥がしたりするのが楽になります。
2016-09-29_100135.jpg


つづく。