Welcome to my blog

「The Unfinished Swan」たまには雰囲気ゲームに浸ってみたら。

sukakika

sukakika

PSNタイトルの「The Unfinished Swan」をいまさらですがやってみました。

「Flowery」や「風ノ旅ビト」などと言われてるものは
「一回やったらもう触らなくていいんだよ。」とか
「私、途中でつんじゃった、でも感動した。」とか
聞くことあるけど、自分は金払った以上はそれなりのものをよこせ!!
と(心の中で)思っちゃうタイプです。

では「The Unfinished Swan」はというと、
\1200(「風ノ旅ビト」をDLしてたので\1000で購入)、
2日間にちょくちょくやってトロフィー100%取得。
やってみて、新しい謎解きアクションは新鮮でしたが、短気な方にはオススメできないかな。
例えば真っ白(少しのグラデーションもなし)に薄い水色のペンキを放って空間を識別するのは
ストレスがかかる作業でした。
もし雰囲気を味わうゲームとしたら、もっとそこは簡単にしてほしかったです。

でもデザインや音楽の部分はよく、ストーリーはまさに向こうの絵本のスタイルで、
なかなかいいと思いました。操作にストレスがかかる部分はあったけれども
このゲームの雰囲気に浸れたことは確か、値段も高くはないのでやってよかったです。


絵本のパネルも後で見られるようにしてほしかったなあ。
2013-01-27_001_convert_20130127173949.jpg

白でもグラデーションの影があるステージは見やすかった。
2013-01-27_002_convert_20130127174014.jpg

主人公モンローと王様。なるほど。
2013-01-27_003_convert_20130127174037.jpg


最終チャプターとそのちょっと手前からの動画を紹介。
エンディングまで行きます。
それではどうぞ。



関連記事
最終更新日2014-08-21
Posted bysukakika

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply