Welcome to my blog

構想中「パタポン・リターンズ」その9~今年はへび年だからザックネル。あれ?

sukakika

sukakika

今年初ブログ始動です。
へび年(巳年)なのでパタポンでお馴染みのザックネルの動作テストを紹介。
えっ....ザックネルはへびじゃない。ワーム(ミミズ)ですか。

遅れてしまいましたが、明けましておめでとうございます。
2013年、不定期にですが更新しますので宜しくお願いします。

しばらく、このブログはお休みを(勝手に)頂いていたましたが
「パタポン・リターンズ」は制作進行中です。
ただステージ構成に関しては初期のものとは作り方が変わりました。
ストーリー性は維持したいけれどステージを作る場所には限りがあります。
「パタポン・リターンズ」の他にも作っておきたいものがあるので
いろいろと考えた結果、ストーリーを持ち合わせたサバイバルゲームの方向に
向かっています。

それを可能にするにはこれしかないと思ったのが「連続床」。

どんなものかというと、エンドレスな左右スクロールステージです。
どんなにリビッツが右に行こうと左に行こうとリビッツは中央付近に固定されるものです。
ステージの末端では必要な分だけオブジェと土台が生成され、
進んでも進んでも先にはオブジェと土台が作られていきます。
当然、例えば右に行ったら左端ではオブジェと土台は消えるというものです。
システム自体は完成しているのでいつかお見せしたいと思います。

ストーリーの方は条件をこなすことでイベントが発生する仕組みです。

固定ステージと違って面白くなるかというか、面白くなるように調整できるかが
未知数なのが心配。

とにかく「面白くなくちゃ意味がない!」と思って頑張りたいです。



今回紹介するザックネルは、紹介動画のように一対一の対決にする予定ではなく、
「パタポン・リターンズ」ではエピローグでリビッツ達が脱出する時に登場するとだけ言っておきます。

それとネタバレですが、その時に本編で出てくるデカイ宇宙船も出てきます。
もう少しネタバレすると、操作するリビッツはその宇宙船の案内役という立場なんです。
そしてあとちょっとネタバレすると、エンディングはCOD:MW2のエンディングロールの
博物館風になります。


押し潰し攻撃。この後、地面がぐらぐらします。
patapon+r+012301_convert_20130123215325.jpg

ザックネルといったら炎。右端でもうまく避ける事もできるが左のほうが安全。
patapon+r+012302_convert_20130123215402.jpg

クラブギア装着でないと持ち上げられない石。この石はザックネルから吐き出させないとダメで、
引火すると強烈な光と音を発してザックネルをビックリさせることができるというものです。
patapon+r+012303_convert_20130123215436.jpg


それではどうぞ。




最後に今年の祈願内容は
バグばっかりのゲームは発売されませんように。
メーカーさん達は作ったゲームを自分達でやってみてほんとに面白かったら発売しますように。
それから......
今年こそ、分身の術を会得できますように。
関連記事
最終更新日2016-12-05
Posted bysukakika

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする

リンク