国内、北米問わずビックじゃなくても面白いPS4ゲームのプレイメモブログです。
すごくリトルでビッグな設計図 TOP > リトルビッグプラネット3 > 「リトルビッグプラネット3」その28~ギミックアイテムギブウェイ紹介その1。

「リトルビッグプラネット3」その28~ギミックアイテムギブウェイ紹介その1。

2月のPSplusフリーゲームにリトルビックプラネット3(PS4)が
選ばれました。国内、北米共にです。
ただし国内版はオンラインサポートがないのでDemo程度、
日本語補完用と考えておくといいでしょう。もう1年早ければ...
2017-02-04_173108.jpg



「リトルビッグプラネット3」その28。





ギミックアイテム・ギブウェイ
仕掛けアイテムのプリセットです。
仕掛け(ギミック)はいろんなツールや素材の特性を理解しないと
作るのは難しいです。

この仕掛けアイテム(Gimmick Item)は使い方は完全に自由です。
ロックしないのでバラすこともできますし、
そのまま使ってもいいし素材を替えて配信してもいいです。
これからアイテムを増やしていくステージになる予定です。
まもなく公開。*シェアアイテムは完全分解ができませんので
ステージをコピーしエディットできるようにしたものになります。


プレイ動画


まず置くことに決めたのがタッチスイッチです。
「掴む→すぐ離す」。この動作をオートでできるスイッチです。
仕組みからから言うと長押しを禁止させるスイッチになります。



扉を開く/閉める
ギミックアイテム①
タッチ起動
掴む[R1]をすると掴める素材なら、そのまま[R1]長押し永遠に
掴めてしまいます。しかしそうではなく

掴んですぐ手が離れるという動作
をするようにします。

この仕掛けはタッチ式のスイッチやドアの開閉に使えます。
働きは赤パネルスイッチ(Button)と同じですが
より小さいものに設置することができ
起動反応する形、範囲を自由に作ることができます。
動画で紹介した3つの仕掛けアイテム全てに使っています。


スポンジは掴める基本素材です。
この素材を一瞬だけ掴めるようにします。
2017-02-04_151410.jpg
2017-02-04_153011.jpg

タイマーのMaxタイミング(Timing)は0.1s。またリセット端子に繋いでますので
0.1s後にオフになる回路です。
インプットの挙動は[Input Action:Start/Stop]。
2017-02-04_153253.jpg

最初は掴めるけど、
2017-02-04_152902.jpg

掴むと即掴めなくなる。
リビッツはその合間に一瞬だけ掴んだことになります。
2017-02-04_153225.jpg


赤パネルスイッチ(Button)よりはいいとかではなく
その特長を知って使い分けるのがいいです。
赤パネルスイッチ(Button)の利点は
プレイヤーやオブジェクトといった実体のあるもので押し当てて
起動できることです。




ギミックアイテム②

扉を使って敵が追っかけてくるのを阻止したり
現実の生活でも稀にある扉を使った攻撃とか。
そういったものを作るのも面白いですね。

どちらからも開け閉めができます。
2017-02-04_151442.jpg
2017-02-04_151457.jpg



ギミックアイテム③
なかなか開かない扉
どうやって力加減をするのか。
そういうことも作りたくなると思います。
例えば開かないからおもいっきり引いて、開いたら
反動で後ろに転がったりする動作ができる扉です。


力加減は
コントロールギアを近くのリビッツのレシーバーにする
という設定にして仕組みを作っています。
ロビッツをレシーバー操作するプレイアブルロビッツより
制限はあるのですがリビッツ操作をメインにするのなら
アニメーションと一緒に時々仕込んでおけば
1ランク上のクリエイトステージに見えるでしょう。

引いて、開いたらすっ転ぶ。
2017-02-04_151536.jpg
2017-02-04_151620.jpg


すっ転びのアニメーション。
コントロールギアでリビッツ操作キーを発信する

リビッツの入力操作をコントロールギアに同期(同じ入力操作)させます。

具体的に言うと
[R1]を押せばコントロールギアも[R1]を押した状態になります。
そこからボルトなりピストンなり繋げられます。

ここではリビッツを右に動かすとセンサーが付いた
ピストンが扉の方に寄るという仕組みになっています。
2017-02-04_153317.jpg
2017-02-04_153339.jpg

転がって尻もちを付く動作は発信マイクロチップで
アニメーションさせています。このギミックアイテムには
このアニメーションとモジモジするアニメーションが
入っています。






先月は時間が取れなくてブログ紹介ができなかったのですが
1月もコスチュームが配信されています。

The NAMCO Classics costume pack
ナムコキャラクターのコスチューム。これはカワイイ。
是非他のメーカーもやって欲しい。



コミュニティーからも紹介します。
Overwatch Character Giveaway
オーバーウォッチコスチューム。
いいですね。全員揃えたいです。
他のキャラクターも作っているようですから楽しみ。
ただし、キャラクターチェンジャー形式でないため、必要なDLCを
購入しなければならないのが悔しい。



関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL