Welcome to my blog

「リトルビッグプラネット3」その21~リビッツ、ロビッツアニメーションの作り方2。

sukakika

sukakika

チュートリアルビデオが23だけに...
「LBP.me」に繋ぐと都合が悪いのはわかるけど、
別に用意はできないのかな。チュートリアルないと難しすぎる。
チュートリアルはWeb上にあるここで見れます。
リンク: LBP.me 公式チュートリアル
LBP3 201608101300 top



「リトルビッグプラネット3」プレイメモその21。





リビッツ、ロビッツアニメーションの作り方2
前回はアニメーションチェンジャーの設定について紹介しました。
今回からアニメーションチェンジャーを使った
クリエイトでも実用的なロビッツのクリエイトをします。
誰もが作れる拡張性のあるロビッツができたらなと
思います。



プレイ動画





プレイアブルロビッツ
最初にロビッツをプレイ用キャラとする場合の特徴を確認です。


プレイアブルロビッツの特徴
特徴①:サーキットボードがある
リビッツと違ってサーキットボードがあるので機能を拡張しやすい。
リビッツでは発信マイクロチップという仮想サーキットボードを
使わなくてはいけませんでした。


特徴②:ポッケがない
その分[○]ボタンが空くということになります。
*リビッツにもポッケを使わない設定はあります。
ポペットを開いて[グローバル]の項目から変更できます。
2016-08-07_103310.jpg

ポッケは扱いづらいし、操作で止まるのであまり
良くないものでしたね。
2016-08-07_103352.jpg


特徴③:いくつかのパワーアップが使えない
触るとリビッツとロビッツが分離するパワーアップ
これらのアイテムは近づけたくないパワーアップです。
動画では透明素材を1レイヤー置いて遠ざけています。

・エアロシューター
・イルミネーター
・ポペット・パワーアップ
・ブラスターハンドル付きのマイ・リビッツのポッケアイテム

・上のアイテムが入ったパワーアップ台座やリビッツポッケ台座
音だけ鳴るもの
・スキューバギア
2016-08-07_093758a.jpg

もし触れると、このように分離します。
2016-08-07_103731.jpg

ブラスターハンドル付きのマイ・リビッツのポッケアイテムも
使えません。分離します。
2016-08-07_112804.jpg


台座自体は平気
中に入っているパワーアップまたはアイテムオブジェによりますので
ロビッツも使用できる
つかまりフックハット、パパッとボールなら大丈夫。
また空であったり、ブラスターハンドルを付けない
自作のアイテムオブジェなども大丈夫です。
2016-08-07_094021a.jpg

演出的な意味しかないのですが目立つので
使いようはあると思います。
パワーアップドリンクとか....
2016-08-07_113149.jpg


何も反応しないパワーアップ
これらはリビッツ専用です。
触っても何も起きませんし、音もなりません。
リビッツと同居しても問題はおこりません。
・ジェットパック
・フリージェットパック
・つかまりフック
・ブーストブーツ


一番好きなつかまりフックは使えるようにして欲しかった。
2016-08-07_095145a.jpg



使える使えないを簡単に紹介しましたが
実は装備するのに手こずるかもしれません。

ロビッツにパワーアップを装備させる時の注意
Tips:ロビッツパワーアップの装備する/外す
複雑なアニメーションを所持したロビッツが
パワーアップを扱うには条件があるようです。
もし触っても取れないのなら次の方法で
やるといいでしょう。


ロビッツ自体のサーキットボードや
ツールバック「ロビッツ」カテゴリーにある「挙動」を使います。
2016-08-10_054320.jpg

*動画と同じ設定です。
パワーアップ取得時
まず取得するにはメイン挙動の状態でないと取れません。
*パワーアップから別のパワーアップの時は
自動でチェンジします。

メイン挙動とはロビッツのサーキットボードに
張り付いていて剥がれない挙動です。
これをコピーします。
2016-08-07_213038.jpg

②コピーした挙動を[カウントダウン]設定にした「タイマー」に
繋げます。動画の場合[L1]を押してメイン挙動に、
同時にジャンプさせて取れる状況にしたのは
ボタンを押したことを見て確認できるようにしたためです。

2016-08-07_120439a.jpg


パワーアップを外す時
[○]でパワーアップを外すのが難しいのなら
通常の方法は諦めて、挙動の設定で装備できないロビッツに
したり、強化リムーバーで強引に装備を外すといいでしょう。

注意としてマントだけは挙動の設定でも外しにくく、
強化リムーバーを使う方が確実でした。マントを装備する/外す
という判定基準がおそらく小さいからなのでしょう。

透明化した強化リムーバーをエミッターでだします。
消える時一瞬見えてしまうので
デコレーションの光がある演出物を付けるなどして
目立たないようにするといいでしょう。
2016-08-09_152434.jpg

アニメーションでアクションさせれば外した感がでます。
またシーケンサーはエミッターの付け場所として
利用できます。
2016-08-07_120439c.jpg

このような使い方は挙動が設定した通りにならない時にも
使えるものです。
例えば泳げるはずなのに水に入ると
死んでしまう場合とか。試してみるといいでしょう。



特徴④:十字キーで表情が変化しない
これも挙動で表情を変化させることができます。
またプレイヤーの意思に関わらず表情を付けることが
できます。リビッツ操作のような表情はロビッツでは
十字キーを押しても動かないのでできません。
やるとしたら円盤ボードを使う方法が最もやりやすいかと
思います。


ロビッツの十字キーは動くことは動く。ただ操作するには
他からインプットさせなくてはいけません。
そして自分で動かすには他のキーを使うので....結局これは
十字キーを使っていることにならないのです。
2016-08-10_061353.jpg


Tips:挙動
表情を変える他にも挙動にはいろいろな設定ができます。
ですが、使いこなすには気を付けなればならないことが
あります。

それは
メインになれないメイン挙動
サーキットボード中央に付いているのがメイン挙動。
しかし挙動は

「一度変えた挙動はそのまま維持される」ということです。
そのままではいけない時は挙動の再設定が必要になります。

怒ったら怒ったまま、回転したら一生回転のままです。


メインといっても
この挙動はここに張り付いて取れないだけ。
ツールバックにある挙動と同じ。
いかつい顔をしたり笑ったりと表情を変えたり
パワーアップを使えるようにしたり、
レイヤー移動や泳げるようにしたり変更できます。


2016-08-07_120201a.jpg


サブだけどメインの仕事を奪うサブ挙動
挙動は変えたらそのままなので設置が簡単。
シーケンサー上でいくつもの挙動を変更できます。
ムッとした顔から口を開けて、レイヤー移動はさせずに
必殺技とか。ただし
このままだとレイヤー移動出来ない状態なので
最後の挙動はメインの挙動に戻しています。
2016-08-07_115522.jpg


パワーアップ時の挙動の注意
パワーアップ時は自由な奥行き移動には適していません。
自由な奥行き移動と言うのはレイヤー移動の時もスムーズに移動させる
アニメーションカスタマイズの1つです。やり方はいろいろありますが
もともとのLBPは横だけの移動で
奥行きはレイヤー変更が基本となっています。

パワーアップ時のアクションは奥行き斜めの動きに
考えはなく、上下高さの動きになるものがほとんどです。

*つかまりフックハットだけが斜めに対応します。

自由な奥行き移動の例。
奥から怪物を避けて手前に逃げて振り返る場面です。
自由な奥行き移動ではレイヤー移動のピョンッと跳ねることなく
スムーズに移動ができ視点の先に頭と体を向かせることができます。。
2016-08-10_095830.jpg
2016-08-10_095848.jpg
2016-08-10_095900.jpg
2016-08-10_095912.jpg
2016-08-10_095932.jpg


特に何かを発射するタイプのパワーアップは
頭の向きと体がねじれてしまい不格好になります。

他のパワーアップもアクションは横のみになります。
ここはレイヤー移動はいつものピョンッとジャンプする
タイプにしたほうがいいようです。

ペイントガンやクリエイトギアはいつものレイヤー移動に。
マントも操作は水中と同じ感じなので
自由な奥行き移動には適していません。左から
・マント
・ペイントガン
・クリエイトギア(新)
・クリエイトギア(オリジナル)

*クリエイトギアはどちらとも能力は同じです。
2016-08-10_092958.jpg

こちらは自由な奥行き移動にしてもあまり問題がないもの。
つかまりフックハットは機能が自由な奥行き移動と同じで
問題はない。左から
・つかまりフックハット
・ホバーボード
・グラブキア

*一番右のブレインクレーン
Move専用のギアで試していません。頭の動きが体と
一緒なので多分大丈夫だと思いますが...
2016-08-10_093124.jpg



ついでに
ロビッツのわかりづらい設定
気になる設定があると思いますのでここで紹介します。
ディフォルトを覆す
初期状態(ディフォルト)はロビッツが向きを変えても
その方向に対応したアニメーションになります。

覆した場合(「はい」)の場合その向きに固定されてしまうので
入力に対応して向きを変えるのならその向きのアニメーションを
設定する必要があります。


AI調整敵対:
「いいえ」にすると距離を取って止まります。
「はい」にすると強引に近づきます。攻撃として使える
パワーアップを装備していたら使ってきます。



AI調整右利き:
LBP3では機能しません。
本来はパトロールに選択した時、右回りを左回りにするものに
なるはずだったものだと思います。

思いますとしたのは...
これについて海外のいろんなサイトでも書かれていますが
確実な答えがありません。ただ
LBPの最初の作り手であるMm(メディアモレキュール)が
放ったらかしにした機能というのはMmのLBPに関する文書で
わかっていることらしいです。
明るくなるアイコンは機能することを意味しているので
設定を[パトロール]にして見るとわかるように
この設定に関係あることは確かなようです。






最後に今回は回路の組み方はやりませんが
大まかな形を紹介します。そこでやはりアレが気になると思います。
セレクターは使うの?

もう一回復習すると
「セレクターは動き、状態が重なるのを分けられる」
ということでした。アニメーションでそれを必ず使わなければならないのは


標準のアニメーションがいつもと違う場合に使います。
・水中
・パワーアップを装備中

この2つぐらい。その他にも作りたい状況があれば
増やして行くといいでしょう。
例えば無重力状態とかほふく中とか。


「トップビューの作り方」や「車の作り方」で使った
経験からしたら以外に少ないと思うかもしれません
少なくて済むのはセレクターに助っ人がいるからです。
状態感知センサーと挙動
LBP3ではセレクターの条件付けの部分の代わりになる
「状態感知センサー」
があるので、上手く使っていくといいです。
また挙動ではロビッツの動きを制限できる設定
あるので、強引に変えることもできます。


これが基本回路の全体です。
*注意として「パワーアップを装備する/外す」は付けていません。
2016-08-07_212737.png

ロビッツのサーキットボード
パワーアップ時と水中では自由な奥行きをさせるには
不具合が起きます。またカスタマイズした動きが同居すると
正常に動かなくなります。
泳ぐとパワーアップ時は明らかにいつものアニメーションとは
違いますので、いつものロビッツの動きにしてしまうのが
いいと思います。
動画では水中とパワーアップ時は
ディフォルトの動きにしています。
2016-08-07_212817.jpg

今回はここまでです。


2回に渡って難しかったと思います。

なかなか形として完成はやはり難しいと思うので
ジャンプの強弱で空中回転させるにはどうするか、
奥行きを自由に移動させるにはどうするかとか
....そんな感じに
次回からは1つ1つやっていきます。
つづく。




関連記事
最終更新日2016-09-06
Posted bysukakika

Comments 0

There are no comments yet.

コメントする