Welcome to my blog

「リトルビッグプラネット3」その18~リビッツ、ロビッツアニメーションの基本の「き」。

sukakika

sukakika

思えばストーリーは...ダメだったなあ...
クリエイトの楽しさを広めるには、楽しいものを見せるしかない。
今後もよりクリエイトを楽しんでいきたいと思います。
LBP3 201607171730 top



「リトルビッグプラネット3」プレイメモその18。





リビッツ、ロビッツのアニメーションの基本の「き」
リビッツ、ロビッツの「アニメーター」を使ったクリエイトです。
ストーリーキャラのマーロンに面白いダンスをさせてみました。
マーロンはシンガーではなく俳優です。

プレイ動画


キャラクターアニメーションを変える
このマーロンはロビッツでリビッツで遠隔操作していますが
リビッツもロビッツも基本的なことは同じです。
2016-07-17_131747.jpg
2016-07-17_131915.jpg


仕組みを知っておく
基本
キャラクターの動きというのはもとから
アニメーションが設定されているのですが、これを
アニメーションチェンジャーで別のアニメーションに変えたり
アニメーション回転チェンジャーを使って
本体自体を回転など移動させて変わったように見せる

のが基本です。
2016-07-17_140452.jpg

すごくクリエイトは奥が深く、
単体のアニメーションを他のアニメーションに
混ぜたりできることはたくさんあります。ただ言ったとおり
説明がないので困るんですよね。
2016-07-17_162901.jpg
2016-07-17_162927.jpg


ただしアニメーション中も
プレイヤーが動かせる部分があり、
それが腕、頭(表情)、本体自体の位置移動になります。


設定したアニメーションも顔や腕ならプレイヤー操作で
変えることもできるということです。
2016-07-17_162714.jpg
2016-07-17_162507.jpg


注意
もとからの良さと悪さ
それと知っておいたほうがいい特徴が
LBPの動きはもともとコミュニケーションに適した
動きであることです。

人のちょっとした操作がリビッツにダイレクトに伝わるので
ジェスチャーのしやすさはあると思います。ですが
逆に決まった動作が取れてなくて、アクションゲームからしたら
軽すぎる動きに見えるでしょう。

よく言われるふわふわした動きとも言われるものです。

アニメーションでその動きを抑制できますが
逆に強め過ぎて味気のない機械的なキャラクターに
なってしまうということもあります。

良さと悪さを知っておけばこの「ゲームに適した動き」というものが
見えてくるのではないかなと思います。





今回はただできるということだけなのですが、
簡単に仕組みの説明をします。後に「アニメーションを作ろう」を
予定していますのでそちらで詳しくできればと思います。
円盤センサーボードの活用
動き選択、ここではダンスパターンなのですが
これは他のゲームでもよく見られる
サークルでコマンドを選んで選択するタイプにしています。

以前「車の作り方」で作った円型センサーボードを使います。
この円型センサーボードはステージのどこにでも
置いておけるものです。詳しくは
リンク:「リトルビッグプラネット3」その15~車の作り方2。
2016-03-22_101136.jpg

円型センサーボードの代わりに
[からくり]にあるコンパスを使用しています。
DLC「パイレーツ・カリビアン・ステージキッド」のアイテムです。
*北米版で使うのなら買い直しです。アイテムバブルに入れて
アップロードしたステージで取得もできますが、
本人がDLCを購入していないと使えません。
2016-07-17_142722.jpg

ステージではスピーカーのデコレーションで
隠してあります。回路は今は説明はしません。
2016-07-17_142400.jpg
2016-07-17_142553.jpg


ダンスパターン
Rスティックの動きに連動して8方向のいずれかに
向かせると発信マイクロチップが特定の動きを発信させる
という
仕組みです。最高7つのダンスパターンと1つのアイドリングを
選べるようになっています。
2016-07-17_151924.jpg
2016-07-17_151834.jpg



ホットキー
[R1]+Rスティックでダンスパターンの選択
ここで問題になるのが両手を動かすこと。
初期状態の[L2]+Lステッックあるいは[R2]+Rスティックが
腕の動きでRスティックが重なってしまうことです。
「ホットキー」+Rスティックといった具合に他のボタン(ホットキー)が
押されている条件
でというのを加えるといいでしょう。


この他にも
このマーロンは普通のロビッツの動きもします。
つまり通常モードとダンスモードの2つの動きを持っています。
音楽がなっていない時は通常モードです。

その他に技術的なことは
ライン移動をしているのにピョンッと跳ねないとかは
「アドバンスインアウトムーバー」を使ったものであったり
ラインを変えずに体の向きを方向に関わらず変えたりは
「方向分割ツール」の角度化を使ったもの。

これらはいままでこのブログで書いたことなのですが
説明が難しく自分で見てもわかりづらいかなと
思って反省している部分です。

なのでこれからは単体ですぐ見れるもの
あれってどうやるんだっけと思ったらすぐ見れるものも
作っていこうかなと思っています。




関連記事
最終更新日2016-07-18
Posted bysukakika

Comments 2

There are no comments yet.
-  

いつも楽しく拝見させてもらっています。これからも頑張ってください!

2016/07/18 (Mon) 11:00 | EDIT | REPLY |   
sukakika  
Re: タイトルなし

ありがとうございます。
こんな稀なブログを見てくださるなんて感謝です。

2016/07/19 (Tue) 09:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply